1. TOP
  2. 健康
  3. 腸内環境を整えるにはオリゴ糖を摂る習慣が必要です。オススメのオリゴ糖ご紹介します。

腸内環境を整えるにはオリゴ糖を摂る習慣が必要です。オススメのオリゴ糖ご紹介します。

 2016/11/28 健康
この記事は約 6 分で読めます。 418 Views

こんなお悩みはありませんか?

  • 毎日出ないからお腹が常にすっきりしない
  • 友達よりも食べないのになぜか私だけ体重が増えてしまう
  • 肌荒れがしやすくなった
  • 「気持ちの浮き沈みが多い」

これらの悩みを解消するためには腸内環境を良くする必要があります。

腸内環境が悪いとどうなるの?

32894922_l-2

腸内環境が悪い状態というのは、腸内細菌の比率が悪い状態のことを指します。

腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類に分けることができるのですが、この3種類の比率が善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%が理想的な状態です。

このバランスが崩れて善玉菌よりも悪玉菌の数が増えることによって、便秘、太りやすい体質、肌荒れ、免疫力の低下などを引き起こします。

腸内環境の状態は便の状態で見分けることができます。

  • 便秘がある
  • 下痢をしやすい
  • 下剤を使用している
  • オナラが臭い

このような場合は、腸内環境が悪化している可能性が高いです。

バナナの形のような便が毎日出るのが理想で、腸内環境がいい状態と考えることができます。

腸内環境を良くするには、善玉菌を増やすことです。

善玉菌を増やすにはどうしたらいいの?

善玉菌を増やすには、オリゴ糖を多く含む食品を食べることで、善玉菌のエサになり善玉菌が増えることが分かっています。

オリゴ糖には約20種類ほどあり、それぞれのオリゴ糖で働き方が違います。

そして、オリゴ糖をエサとする善玉菌も分解できる種類が違うので様々な種類のオリゴ糖とることで、善玉菌を増やし腸内環境を改善させることができます。

オリゴ糖は、アスパラガス、ニンニク、玉ねぎ、ごぼう、バナナ、はちみつ、タケノコ、とうもろこし、ヤーコン、納豆、きな粉、味噌、醤油、はちみつ、そして母乳や乳製品にも多く含まれます。

これらの食品を一種類だけ食べるのではなく、複数種類食べることで、多くの種類の善玉菌のエサになり、善玉菌を増やすことができます。

ポイントは毎日継続することです。

一日二日食べただけでは期待できませんが、毎日継続していくことが必要になります。

そうなると、なかなかこれらの食品からとるのは大変なので、簡単にオリゴ糖をとるのであれば「粉末のオリゴ糖」を飲み物や料理に入れることをお勧めします。

そうすることで、お手軽にオリゴ糖をとることができ、善玉菌を増やして腸内環境を整えることができます。

粉末のオリゴ糖も、複数種類のオリゴ糖が入っているものを選ぶ必要があります。

オススメは、6種のオリゴ糖を含む「カイテキオリゴ」です。

カイテキオリゴをお勧めする7つの理由

  1. 複数のオリゴ糖を配合している
  2. 全て自然由来の素材から作られている
  3. 熱に強く味をほとんど変えないので離乳食に使いやすい
  4. 低カロリーで虫歯になりにくい
  5. 赤ちゃんだけでなくママも一緒に使える
  6. 健康管理士からのアドバイスのサポート付き
  7. 全額返金保障付き

1,複数のオリゴ糖を配合している

オリゴ糖といっても種類があります。

  • ビートオリゴ糖
  • フラクトオリゴ糖
  • ガラクトオリゴ糖
  • 大豆オリゴ糖
  • 乳菓オリゴ糖
  • キシロオリゴ糖

など。

これらを単体で摂るよりも複数種類を一緒に摂ることで、腸内のビフィズス菌の餌となりやすくなります。

それが「カイテキオリゴ」には、腸内のビフィズス菌を満遍なく活性化できるように配合されています。

2,全て自然由来の素材から作られている

毎日続けてとるなら素材にはこだわりたいものです。

「カイテキオリゴ」は赤ちゃんでも安心してとることができるように、全て自然由来の素材から抽出しているので安心です。

3,熱に強く味をほとんど変えないので離乳食に使いやすい

オリゴ糖は加熱に強く、料理にもお使いいただくことが可能です。

母乳から離乳食に変わると、母乳に含まれているオリゴ糖が不足してしまいがちです。

それを防ぐためにも、離乳食にオリゴ糖を少し混ぜるだけでも不足分を補うことができます。

もちろん、離乳食だけでなく普段から料理に使うことができるので砂糖の代用品としてお使いいただけます。

4,低カロリーで虫歯になりにくい

オリゴ糖のカロリーは砂糖の半分ほどです。

糖がつくと、虫歯の原因になるんじゃないかと心配するかもしれません。

ですが、オリゴ糖に関してはその心配がありません。

口の中にいる細菌が糖分を分解する時に、酸が発生します。

それが虫歯の原因となるのですが、オリゴ糖を分解してできる酸には細菌たちが反応しにくいという特徴があります。

なので、離乳食などに使ってもオリゴ糖自体が虫歯の原因になることがありません。

ただし、オリゴ糖だけでなく他のものも食べるのには変わりがないので、食後に歯のケアはするようにしましょう。

特に果物を食べて果糖を摂取する場合には特に注意しましょう。

5,赤ちゃんだけでなくママも一緒に使える

オリゴ糖は離乳食だけではなく、普段の料理の時に砂糖の代わりとして使うことができます。

なので、家族の健康のサポートとしてもお使いいただけます。

6,健康管理士からのアドバイスのサポート付き

「カイテキオリゴ」は購入前から、メール、電話での相談をすることができます。

何か不安なことがあれば、購入前に相談をしてみることができるので、一度相談してみてから買うことができます。

もちろん購入してからも相談することができます。

7,全額返金保障付き

「カイテキオリゴ」は全額返金保証がついています。

商品が到着してから25日以内であれば、1個分の代金を返金してくれるので、合うかどうか不安な方でも気軽にお試しいただくことができます。

腸内環境が整ったら

善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスがとれて腸内環境が整ったら、

  • いつもパンパンになっているお腹がすっきり
  • 気分の浮き沈みがなくいつも心が晴れ晴れしている
  • 憧れの痩せやすい体質に
  • 肌荒れがしにくく見た目が若々しくなる

など。

今よりも快適な生活が待っています。

オリゴ糖をとることで、腸内環境を整えましょう。

「カイテキオリゴ」を試してみてはいかがでしょうか?



\ SNSでシェアしよう! /

健康習慣.com | 体と心を健康にする習慣の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康習慣.com | 体と心を健康にする習慣の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

健康習慣.com編集部

健康習慣.com編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 35歳保育士がクイーンズスリムHMBを一ヶ月飲んでみた結果と感想!

  • 女性用HMBサプリのトリプルビー(BBB)のダイエット効果と口コミは?

  • FiNCの遺伝子検査で簡単に分かる5つの生活習慣リスク!検査して予防をしよう!

  • ランジの基本的なやり方とバリエーションを解説!正しいやり方を覚えてヒップアップしよう

関連記事

  • FiNCの遺伝子検査で簡単に分かる5つの生活習慣リスク!検査して予防をしよう!

  • 便秘の原因がストレス?過敏性腸症候群になる前に知っておいて欲しいこと

  • 太りやすい体質かどうかを簡単に見極める方法!手首の太さを見れば分かります。

  • スクワットの効果と正しいやり方、負荷のかけ方を徹底解説!

  • 耳がつまる感じが取れないのは耳管開放症?それとも耳管狭窄症?原因と症状と治療法

  • 急に片方の耳が聞こえなくなったらすぐ病院へ。突発性難聴の原因と症状と治療法